mBotでSTEM教室/ロボットプログラミング教室

makeblock社製のmBotを使ったSTEM教室/ロボットプログラミング教室の運営方法をお伝えします

mBotでロボットプログラミング教室を開講する方法

Botでロボットプログラミング教室を開講するためには、いくつか方法がありますが、一番スピーディ、スムーズに開講する方法はフランチャイズに加盟することです

 

まずはこのブログを運営している「Tech for elementary」の「ロボットプログラミングコース」をご紹介します

 

f:id:moichi_exseed:20170828141122p:plain

 

このコースは一言でいうと

ロボット制作とプログラミングによる制御を学ぶコース

です。特徴としては、

 

手頃な価格で拡張性が高く、世界中で利用されている「mbot」
Scratchによる制御の為、プログラミングコースとの相性抜群
空間認識能力・忍耐強さ・科学への好奇心も養える

 

といったことが挙げられますが、

 

  • 授業形式:一斉授業のワークショップ形式(映像授業は使用しません)
  • 授業時間(目安):2時間/3・4時間 ※2種類の講師用ガイドを用意
  • 1クラスごとの定員(目安):5名/1講師
  • 想定対象:小学校3年生~

 

にあるように、一斉授業でワークショップの分がメインのコースとなります

(通学コースは市販のテキストを使用します)

 

学ぶ内容は

 

mBotを組み立てる[50〜60分]
1 mBotキットのパーツを確認しよう
2 mBotを組み立てよう
3 mBotを動かしてみよう

 

アプリのダウンロードと操作[20〜30分]
4 mBlockをインストールしよう
5 mBlockソフトウェアの使い方
6 コマンドブロックを理解しよう

 

プログラミングをはじめよう[100〜120分]
7 mBlockでプログラムを体験してみよう
8 モーターと光センサーを使ってみよう
9 超音波センサーを使ってみよう

 

とワークショップでやるにはかなり充実しており、複数回に分けることも可能でしょう。ただし、開講要件は

 

<機器>
アプリ「mblock(Scratch2.0ベース)」が動作するPC

<インターネット回線>
上記アプリダウンロード時に必要

<講師>
Scratchの操作経験

<その他>
「はじめてのプログラミング」を開講していること

 

とScratchの経験が前提になることに注意が必要です

 

コース契約料 、維持費用、提供物などについては下記から問合せが必要ですが、市販価格よりもmBotを安く購入できたり、レンタルなども可能なので、最初にテスト的にやってみるのには最適ではないでしょうか?

 

ご興味ご関心がある方は、是非お気軽に下記からお問い合わせ頂ければ幸いです

 

 

Codeybot小型ロボット

Codeybotは、横に並んだ2輪で バランスを取りながら移動できる 小型ロボット。

f:id:asawabe_exseed:20170724123344p:plain


先端部分に設けられたプラスチ ック製ボールを接地させ、3点で 支えて走行することも可能。
表面には縦横13×19個の青色 LEDが設けられ、さまざまな形や 表情を光の配列で示せます。
無線LANWi-Fi)経由の音楽再 生、オプションの“レーザー砲”を 装着した対戦などでも遊べます。

STEM教育のために生まれた! メーカースペースソリューション

メーカースペースキットはメーカースペースや学校の研究室及び企業の研究所でよく使われています。 学生たちに科学、技術、工学、数学の知識を教えて、革新な創造力を向上させます。

f:id:asawabe_exseed:20170724123627p:plain

 

Makeblockのカリキュラム

ユニークなチュートリアル

Makeblockは商品説明書ならびに国内外の有名講師が制作したプロフェッショナルなカリキュラムをオンラインで 提供しています。ご購入いただいた商品の拡張情報を定期的に更新し当社ホームページにてお知らせいたしま す。先生方や親御様はもちろん、子供たちが気軽に学習することができます。

 

f:id:asawabe_exseed:20170724121204p:plain

mBot を通じて学べること

f:id:asawabe_exseed:20170724125824p:plain

 

実践能力を向上させる

f:id:asawabe_exseed:20170724125914p:plain

論理的思考力を磨く

f:id:asawabe_exseed:20170724125934p:plain

それぞれのセンサーを区別できる

f:id:asawabe_exseed:20170724125954p:plain

創造力を身に付ける

f:id:asawabe_exseed:20170724130015p:plain

 

Botを使ったSTEM教室/ロボットプログラミング教室の開講にご興味ご関心がある方は、是非お気軽に下記からお問い合わせ頂ければ嬉しいです!

www.tfe.tokyo

mBotの導入事例(台湾)

STEM 教育発展に伴い、 Makeblockは多くの学校や大学と連携しています。

 

台湾

2015年、アジアロボットコンテストは台湾で開催され、 100以上の学校が参加しました。

f:id:asawabe_exseed:20170724125647p:plain

f:id:asawabe_exseed:20170724125659p:plain

f:id:asawabe_exseed:20170724125711p:plain

 

 mBotを使ったSTEM教室/ロボットプログラミング教室の開講にご興味ご関心がある方は、是非お気軽に下記からお問い合わせ頂ければ嬉しいです!

www.tfe.tokyo

 

mBotの導入事例(香港)

STEM 教育発展に伴い、 Makeblockは多くの学校や大学と連携しています。

 

香港

香港でmBotレッスンを行いました。

 f:id:asawabe_exseed:20170724125538p:plain

現在、mBotは小学と中学のSTEMロボット教育に 協力しています。

f:id:asawabe_exseed:20170724125555p:plain

 

 mBotを使ったSTEM教室/ロボットプログラミング教室の開講にご興味ご関心がある方は、是非お気軽に下記からお問い合わせ頂ければ嬉しいです!

www.tfe.tokyo